江戸表具とは

  • HOME
  • 江戸表具とは

江戸表具について

表具・表具経師とは

表具(ひょうぐ)とは、巻物、掛軸、屏風、襖、衝立、額、画帖など、布や紙などを張ることによって仕立てられたものになります。表具を仕立てる人を表具経師(ひょうぐきょうじ)といい、表具を新しく制作するだけでなく、歴史ある文化財を修復するなど、多岐にわたる仕事を行います。日本文化を後世に残すために、表具手法を駆使して伝統を守り続けます。

江戸表具とは

表具には大きく京表具・金沢表具・江戸表具があり、三大表具と呼ばれます。京表具は公家文化から始まっているため、きらびやかで雅な趣を、江戸表具は武家社会が求める落ち着きある粋な趣を重視しています。その潮流は脈々と現代まで受け継がれており、当社は江戸表具を継承する表具経師が施工を行っています。

江戸表具の歴史

始まり

奈良時代に中国より日本へともたらされたことが始まりです。
長い歴史の中で、生活様式や文化・芸術の変化にともない、表具や経師などとも呼ばれています。
表具の代表として掛軸・巻子(かんす)、経師の呼び名として襖絵を含む襖・屏風と分けられた時代もありましたが、現在総称して表装と呼ばれるようになりました。

新しい時代へ

江戸初期(1603年~)狩野派は徳川幕府の絵師として、大和絵とともに、京より江戸へ移りました。江戸では、町人文化の発展とともに、浮世絵・文人画など、江戸文化に花が咲き、表具経師も新しい時代へと発展していきました。
ここに、「京表具」の伝統ある技法に対し、「江戸表具」として新しい表装文化ができあがり、表具経師は江戸時代の芸術・美術に多く貢献しました。
江戸表具は、徳川3代将軍「家光」の頃より、典雅(てんが)で気品ある画風も渋いものが好まれるようになり、特に軸全体も、丈が短く、淡彩・淡白なものが好まれたのが特徴です。

より身近なものへ

元禄文化(17世紀末~18世紀はじめ頃)には、大名屋敷の造営にともない、お抱え経師が定着しました。また、町人文化の発展により、襖・障子・屏風など一般庶民にも身近なものになりました。化政文化(18世紀中ごろ)には、文化の中心は江戸となっていきました。
「数奇屋造り」の建築方式により、江戸表具がさらに盛んになっていったのです。まさに表具経師は、江戸時代のインテリアコーディネーターのお仕事と言えます。

江戸表具の歴史
江戸表具の歴史
江戸表具の歴史

Contactお問い合わせ

有限会社アイディ・タナカへの
ご相談はこちら

TEL: 03-3372-5975

営業時間 / 8:00~18:00
(工事の際は営業時間外でも対応いたします)

定休日 / 日曜日、祝日
(工事の際は定休日でも対応いたします)

お問い合わせ